新しい働き方、新しい生き方の情報を提供する求人サイト、JOBMEE(ジョブミー)をオープンいたしました

2017年2月1日、「働き方を選ぶことは、生き方を選ぶことだ」というコンセプトをもとに、JOBMEE(ジョブミー)がオープンいたしました。JOBMEEでは、インタビューを通じて企業の本音、実態を、自己実現意欲の高いビジネスマンに対して提供していくことを目標にしています。

私たちが対峙する課題

仕事を探す、見つけるという活動において、求職者、求人企業、双方が課題を抱えていると私たちは考えています。その課題から引き起こされる転職のミスマッチは、社会としては生産性が下がることに繋がり、個人としては人生の質(QOL)そのものに影響を与えます。

求職者が抱える課題

転職活動に対して十分なリソースを割くことができない

現在の仕事を継続させながら、その合間を縫って転職活動をするのが一般的です。そのため十分な時間や体力を確保することができず、転職という人生の一大イベントにおいても面接に行くことができる会社数は数社にとどまってしまいます。私たちは、「一次面接プラスアルファ」の情報を提供することを目標にしており、社内の雰囲気、同僚や先輩の声、実際の面接でさえ聞きにくいこと(例:有給は取れるのか、残業は本当に少ないのか、など)などの情報を通じて、時間や体力を使うことなく十分な企業情報を得られるようにしていきます。

企業を選ぶ軸がわからない

既存の「企業との出会い方」では、給与や場所、業種などで企業を絞りこむ方法がほとんどです。検索結果として出てきた企業にはもはやほとんど差はなく、どういった軸で選べばよいかわかりません。私たちは読み物という形式を通じて企業の魅力を訴求するとともに、興味を持った企業に近い特徴を持った企業情報をレコメンドすることで、求職者の価値観、スタイルにフィットする企業との出会いを提供していきます。

求人企業が抱える課題

面取り、条件上げ勝負になっている

求人活動が激化していく中で、多くの企業が採れる手段は限られており、①求人メディアでいかに費用をかけて「面取り」をするか、②求人メディア内で検索されたときに目立つように、給与など条件を上げる、くらいしかないのではないでしょうか。求職者に対して労働環境を整理することは本質的に重要なことではありますが、メディア対策としての①や②は、いずれも消耗戦になりやすく、魅力のある求人情報も埋もれてしまっているのが現実です。

魅力の伝え方がわからない

自社の魅力がいまいちわからない、魅力はわかっていても伝え方がわからない、というケースが散見されます。私たちは、インタビューを通して企業の魅力を発掘、定義し、求職者に伝えていきます。

これら、求職者、求人企業が抱える課題を、少しでも減らすことで、よりよいマッチング、ひいてはよりよい人生と企業の実現に貢献できるよう、今後邁進してまいります。